ガソリンスタンドのバイト

先日からガソリンスタンドでアルバイトを始めました。

バイクが欲しいんですが、お金が無いので買えません(*_*)

なのでバイトを頑張って、購入しようと思っています。

家の近所にある国道沿いのガソリンスタンドで働いているんですが、時給もそこそこ良いし、店長もやさしい人なので働きやすいです。

ただ一つ問題が。。。それは僕が通ってる高校はバイト禁止なんです。見つかったら停学になるのは間違いないし、バイトも辞めないといけません。。。

国道沿いで目立つので、見つからないかヒヤヒヤしながら働いています。

 

学生でお金が必要

私が初めてアルバイトをしたのが大学生になってからでした。高校まではアルバイト禁止でしたし部活や塾などで不可能でした。

大学生になって一人暮らしを始めたのでお金はあったほうがいいですし、社会を経験するにはアルバイトをしたほうがいいと思ったからでもあります。一人暮らしをしていたというのが一番大きな理由だと思いますし、親からの仕送りを少しでも減らして親に楽をしてもらいたかったというのもあります。時々遊びすぎてお金を借りちゃうときもありましたし・・・。http://xn--t8j0gd0a9941b8eo9o6b679b.net/

アルバイトとはいえなるべく卒業までやめたくはありませんでしたので、長く続けれるところを探すようにしました。 大学生と言ったら、学生生活やサークルとアルバイトを両立させるというのが私にとっては普通なことだと思っていましたし、そっちの方が大学生活を満喫しているなという感じにもなりました。

結局ホテルのアルバイトをすることにしました。時給もよかったですし、仕事内容も自分がしてみたいことが中心でしたので自分には絶対に合うアルバイトだと思いました。

そのホテルでのアルバイトが今の生活に生かされていますし、楽しかったと言えば楽しかったです。アルバイトをすることで社会経験になりますし、それと同時いにお金も稼ぐことが出来ますので、アルバイトを早めに初めてよかったと思っています。

二つのきっかけ

私がアルバイトを始めたきっかけは、どうしてもお金が欲しかったからです。まあ、ほとんどの方がそうだと思いますが、なぜ、お金が欲しかったかというと、借金があったからです。

お金がないのにさんざん遊んで、挙句の果てに消費者金融(アコム学生)からお金を借りる…ダメパターンです。 そのため返済するのにバイトを始めましたね。 この時は必死に働いてすぐ返済できました。

そして、もう一つ理由がありまして、いずれかは家業を継ぐかもしれないので、先にその職業を体験しておこうかという風に思っていたからです。

働くことは嫌いじゃないというか、むしろ、私は早く働きたかったほうなので、その時、働いていたバイト先、結構、楽しかったですよ。

結局、アルバイトを始めたきっかけが、お金を貯めることと、家業のための職場体験でしたが、どちらも、今の私にとって大切なことを教えてくれた経験になったので、アルバイトのきっかけは何であれ、アルバイトして良かったなと身に沁みて思います。

若い頃の勢いは、案外、間違いではなかったかもしれませんね。 もちろん勢いだけでなく、考えることは必要ですけどね。私の場合、特に(笑)

 

アルバイトを始めたきっかけ

私がアルバイトを始めたのは、中学校を卒業してすぐのときでした。

卒業する前から、いろんなところに面接を受け続けて、飲食店でのバイトが決まり、卒業式の次の日からバイトをしていました。

バイトをしたかった理由は、バイクの免許がほしかったからです。 原動付き自転車ではなく、中型免許がほしかったので、毎日必死に仕事していました。

始めは慣れないことだらけで大変でしたが、シフト制のバイトでは、あまり稼げないと思い、当時定時制の高校に行っていた私は、週休2日制のフルタイム勤務の倉庫作業のバイトに変えました。

それから毎日朝から5時ごろまでバイトをして、7時から学校へ行く毎日、結局、16歳の誕生日に合わせて、教習所に通い始め、遊ぶ時間なんてほとんどない毎日でしたが、無事免許を取得でき、ずっと欲しかったアメリカンの400ccのバイクも購入することが出来て、大満足。

みんなが遊んでいるときに頑張っていた甲斐があったなと思いました。 今度は、車の免許を取るために、もっともっとバイトを頑張りたいと思います。

私がほしい車を買うには、ローンを組みたくないので、200万ほど貯金をしなくてはならないので、頑張っていきたいと思います。

パソコンを使ったアルバイトをしています

私はアルバイトをしています。主に在宅でできるようなアルバイトで、データ入力やライターのお仕事が中心です。

アルバイトを始めたきっかけは、今正社員で働いていますが、会社の業績不振や不況もあり、ボーナスや残業代が出ない状態です。それだけでは正直生活がやっていけず、キャッシング(アコム即日融資)などでお金を借りてしまっているので、返済の事もあり、空いている時間を利用してアルバイトをしようと思いました。 たまたまネットサーフィンをしていたときにその情報に出会うことができ、やってみようと思いました。

中でも在宅のアルバイトを選んだ理由は、勤務先にいかなくていいことや、自分の好きな時間に仕事ができるので、正社員で働いている今の勤め先に迷惑をかけることなく勤めることができると思ったからです。

またパソコンを使ったお仕事に以前から興味があり、やってみたいと思っていました。本業は全然違う職種なので、別の業種を楽しめるということもアルバイトの醍醐味です。

今収入でお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ在宅のアルバイトをおすすめします。またアルバイトにチャレンジすることで、自分の活力にもるながるし、無駄な時間をすごすことなく有効に時間が過ごせることがメリットだと思います。一緒にアルバイト頑張りましょう。

アパレル店員から八百屋まで!

中学からエスカレーター式の女子校に通っており、男性との出会いが全くと言っていいほどなかった高校時代。 このままではいけない!出会いを求めて動こう!やっぱバイトでしょ。お金も稼げるし!と一念発起。 これが、私のアルバイトを始めたきっかけでした。

人によって若干差はあるのかもしれませんが、あの「恋愛欲」とでも言いましょうか、出会いを求める女子のパワーは凄いですね。

なかなかに厳しい運動部に所属していたにも関わらず、某ファストフード店でがっつりバイト。最初は不純な動機からスタートしたものの、続けているうちにアルバイト仲間とも仲良くなって、仕事も楽しくなり、朝練→授業→放課後練→バイト…みたいな生活を送っていました。 今考えると、よく体力がもったなと思います。

ちなみに、見事彼氏もゲットできました(笑)

このバイトで、働くことの楽しさ・やりがいみたいなものを感じ、その後は本当に色々なアルバイトをしました。せっかくだから色々経験してみようというノリで。

配膳、塾講師、バンケットコンパニオン、宝くじの呼び込み、カラオケアルバイト、アパレルショップ店員から、果ては八百屋まで!

あの頃は、あまり深く考えていませんでしたが、今になって思えば、ほんの少しずつではありますが、さまざまな職業を体験し、色々な方とお話できたことは、私の財産になっているように思います。 もし子供が成長して、「アルバイトしたい」と言ったら、大賛成だなと思ったりしています。

在宅ワークのアルバイト

時間に余裕がある私に、友達がライターの在宅ワークのアルバイトを教えてくれました。

参照・・・東京 短期バイト

主にコラムの執筆ですが、パソコンさえあれば出来るので、とても楽です。

仕事柄、文章を書くことには慣れているので、コラムの執筆のアルバイトは好きな時に、好きな格好で出来るので、気楽にできるのです。締め切りまでに仕上げることが私のモットーで、いつも締め切り前には仕事を終わらせるようにしています。

アルバイトなので、仕事がある時とない時がありますが、ある時は目一杯、仕事をしています。 友達が教えてくれなかったら、アルバイトをすることもなくて、時間を無駄に過ごしていたと思います。そう考えると、時間を有意義に使えてとてもいいことだと思うのです。 アルバイトを始めた頃と比べると、仕事の効率も上がっていて、適度なお小遣いになっています。

自由時間が沢山あるので、集中してアルバイトに力を注ぐことができます。在宅ワークアルバイトは出かけていく必要がないので、始めやすかったです。始めやすく、長続きするアルバイトを探していたので、丁度いい仕事だな、と思っています。

教えてくれた友達に感謝です。パジャマ姿でも出来る仕事なので、リラックスした状態でできるところが最高に良いです。

工場でのアルバイト経験

わたしは今の製造業に就職して14年になります。大学時代にその製造業に就職が決まってから、製造業の現場を体験しておきたいということもあり、製造ラインや物流の現場を中心に業務を行うアルバイトを半年間ほどしました。

自分で言うのもなんですが実際に就職する前に製造ラインや物流現場を実際に体験しておいてよかったなと感じています。

何しろ、就職後はなかなか製造ラインに立つことなどない職種、例えば営業や商品企画といった職種に就くことが分かったいましたから。

先輩からも就職後はなかなか自分が製造現場に行くこともなく、製造業についているという感覚も分かりにくくなると聞いていました。

製造ラインでの一つ一つの製品の組み立て、完成品検査、そして物流現場での運送会社への引き渡しと半年間で一通りの流れはすべて体験することができました。

大学時代にいろいろアルバイトをしましたが自分の将来のために勉強したことは過去にありませんでした。今の仕事でも商品が出来上がるまでの苦労や過程を思い浮かべながら仕事に取り組むことができているので本当に役立っていると思います。

こうした就業体験は必ず、就職前にやっておくべきだと身をもって感じることができました。

臨時出費には臨時アルバイト

アルバイトをはじめたきっかけは引っ越しでした。

最初から二年契約のアパートだったので予定範囲内といえばそうなのですが、やっぱり少しまとまったお金が急遽必要といった感じになりました。

その際にお金を借りてしまった(消費者金融で)ので、返済の為にバイトをすることにしました。

その頃、昼間は仕事をしていたので、それ以外で仕事となるとどうしても夜よりの仕事になります。

かといって接客業は向いていないので、ネットで探した結果、宅急便の仕分け作業をすることになりました。

ほぼ外での作業で、季節も寒かったですが、指導役の人も親切にしてくださって、短期のバイトである私にも丁寧に指導してくださいました。

引越しのアルバイトなんかは日当もいいしよかったですね。単身の引越しとかだと結構楽で、早く終わりますからね。早く終わっても日当はもらえるので有難かったですね。

失敗をして大きな損失を出してしまったこともあったのですが、それでも給料から引くなどのことがなかったのはさすが大手だなと思いました。 もちろんすごい注意を受けましたが。それは当然なので。

慣れない人間の中、しかも昼の仕事とは雰囲気も全く異なる環境の中でのバイト。 本来なら私がけして手を出さない類のものでしたが、それこそ背に腹は変えられない状態だったのでしょう。

最終的に3ヶ月、なんとかアルバイトを終え、目標金額もたまり、全額返済することが出来ました。

今思うと、よく頑張れたなー、の一言なのですが、 追いつめられたときこそ頑張り時ともきくので、案外どこもそう言うものなのかもしれません。

趣味のためと、生活のため。

アルバイトをはじめたきっかけは、やっぱり「自分で自由に使えるお金が欲しいと思ったから」、ですね。学生時代はお小遣いももらっていたんですが、やっぱり足りないですよね。

他と比べたわけじゃないですが、物欲だらけでしたから。「ゲームが欲しい、洋服も欲しい、友達と食事にも行きたい、旅行にも」等など。

最初にやったのは郵便局の配達のアルバイトでした。高校時代はずっとこれでしたね。夏の暑中見舞いと、冬の年賀状。これを3年間。短期なんですが、休みは週1だったりして、集中的に稼ぐことが出来ました。

毎回7~8万円にはなっていたので、実家暮らしの学生が稼ぐ額としたら割合よかったんじゃないかなって思いますね。

それから専門学校へ行って、卒業して、しばらくフリーターだった時期があったんですが、この時のアルバイトをするきっかけというか、理由は、「生活のため」でしたね。一人暮らしをしていたので、とにかく普通に稼がないと暮らせなかったので。消費者金融で借金していた事もありましたし…参考に:プロミスカードローン

選んだのは短期が多かったですね。さっと始まってさっと終わるのが理想で、出来れば3日~1週間。長くても1ヶ月の職場をチョイスして働いていました。これだと気分も新鮮でいられるし、色んな人と出会えるから面白いんです。

今はアルバイトはしていませんが、あれはあれで楽しい思い出になっています。

子どもたちの進学をきっかけにアルバイトを始めました

アルバイトを始めたきっかけは、家計の事情です。夫の収入は一般的な尺度で十分いはあり、暮らしていくのに問題があるわけではありませんが、子どもたちが私立中学へ進学し、おそらくこの先余裕があるとまでは言えない状態になることをみこしてのことでした。

この先何でお金が必要になるかわからない、また自分でも好きなものを好きなときに買えるくらいの生活はしたい、という希望はどうしてもあります。国の教育ローンとかもありますが、できれば利用したくありませんでしたので。

タイミング的に、子どもたちも中学生になればさすがに時間もできる、というのもありました。これまでも短期の仕事をしたりということはありましたが、受験準備もあり、なかなか続けて仕事をするのは難しいという状況。

とりあえず高校受験の心配をしなくていいことにもなった今の生活なら、アルバイトをしても余裕がもてるのではないかと思います。

主婦のアルバイトの難しいところは時間の誓約と扶養の上限ですが、この2つがクリアできるアルバイトにめぐりあったことも大きかったです。

家からほどよく離れていて通える範囲かつ昼間の5時間、朝に余裕ありという条件の職場がみつかったのはラッキーでした。その分時給がいいとは言えませんが、家計の足しとしては十分だと思っています。